ダイブポイント 乙千代ヶ浜(ochiyogahama)
駐車場をはさんで左ポイントと右ポイントにわかれています。

左側からのエントリーで
クマノミ水路を抜け
突然現れるドロップオフ!!
迫力の地形です。

右側からのエントリーで、
直後に見えるトンネル。
ミナミハタンポ等が
よく見られます。


乙千代ヶ浜は三原山側の古い地質で構成されたおり、比較的新しい地質の八丈富士周辺のナズマド側の
ゴツゴツとした根の景観とは違った、浸食によるシャープに切り立った根の景観が楽しめる。

左ポイントはスロープからエントリー


左ポイントはコンパスで180°方向にその名の通りクマノミがたくさんいる水路。
さらにその先には−8mから一気に−35mまで落込む豪快なドロップオフがある。

カメが根付いていたり、回遊魚もこのドロップオフに廻ってくる事がある。
スタンダードなコースはクマノミ水路→ドロップオフをまわり帰る。
水路を入らずに根沿いに進むと『テングダイの根』があり、その周辺のドロップで回遊魚待ちをする事もできる。


右ポイントはエントリー直後に高低差のあるトンネル(MAP参照)があり、
アカマツカサ群やカノコイセエビ等を観察する事ができる。
トンネルを入らずに根沿いに進むと−5mから−18mまで落ちるドロップオフがあり、
ドロップ沿いに沖に行くとやはり回遊魚が廻ってくる事がある。
左ポイントに比べ豪快さにやや欠けるものの、ドロップまでの移動距離が短いので初心者でも堪能できるだろう。

戻る